クラシックコンサートで良い席とは?

ban

クラシックコンサートをもう一歩
深く楽しむためには良い席を
確保したいですよね。

一般的に良い席とは
「音響が良い席」の事を指します。

コンサートホールによって
音響が良い場所は違うのですが
一般的には、中央の後ろ側が
良い席とされています。

ただ中央の後ろでも
二階席の真下などに位置する席は
あまり音響は良いとは言えません。

二階席がある場合は二階席の
最前列がおススメとされています。

また、音響だけでなく公演の内容
でも人気の席は異なります。

ピアノソロの場合、ピアニストの
手元がより見える席が好まれるので
ステージに向って左側の席から
売れていくと言われます。

ar

ピアノに対して演奏者が
座っているのがステージに向って
左側だからです。

観る人によってはただ音楽を聴く
他に楽器の演奏者の動きや
演奏者の音をより近くで聴きたい
など色々な目的別に良い席は
違ってきます。

クラシックコンサートの
基本的なマナーが分かってきたら
席にもこだわって、会場に足を
運ぶようになるともっと楽しみが
広がるかもしれませんね。

最新のコンサート情報をお届け

メールでコンサートや出演者の情報をいち早くご紹介します。ご登録された方には非公開のイベントなどもご案内しております。

また、コンサートのキャンセルが出て、お席が空いた際のご案内を優先的にさせていただきますのでこちらからご登録ください。

sma

音楽家たちの晩餐会は、あなたが心地よいと感じる音楽を見つけるためのお手伝いをします。