切ないときに聴きたい美しい旋律を持つ曲

pf

今日の夕暮れは少し切ない気分に
なりました。小さな頃に見た夕焼けに
似ていたからでしょうか。

上手く説明ができないこの「切ない」
という気持ちになった時、無性に
聴きたくなる曲があります。

それはラフマニノフの
「ヴォカリーズ」です。

名前は知らなくとも、この曲を聴いたことが
ある人はとても多いと思います。

とても人気のある曲で、様々なCMやBGMに
使用されているからです。

甘く切なく美しいその旋律はとても印象的でほろ苦い気持ちにさせてくれます

元々はソプラノとテノールの為の
声楽曲でしたが、近年のヴォカリーズでは
ピアノで演奏されるバージョンや、
ピアノとフルート、ヴァイオリンでの
演奏などが多く聴かれます。

ラフマニノフの曲はピアニスト達の間でも
「難曲」と言われています。

とても繊細で、複雑な旋律の絡み合いが
とても魅力的です。

p2

ヴォカリーズの甘く切ない旋律は、まるで
恋に悩む女性の為の曲に聴こえてきます。

クラシック音楽の素敵なところは、
それぞれの曲にテーマやストーリーが
ありますが、聴きながら自分の感じた
イメージを思い描きながら聴くことが
できる所だと思います。

ぜひ、あなただけのヴォカリーズを
聴いてみて下さい。

音楽家たちの晩餐会は、あなたが心地よいと感じる音楽を見つけるためのお手伝いをします。