ピアノの鍵盤はなぜ88鍵なの?

pf2

通常ピアノは「黒鍵36、白鍵52」の
合計88鍵から構成されています。

現在のピアノの鍵盤はほとんどが88鍵です。
なぜ88鍵なのでしょうか?

発明されたときは49鍵しかなく
一般的なバスからソプラノまでの人の声の
音域をカバーする範囲だったそうです。

それがより幅広い表現力を求めるようになり
次第に音域を拡大していきました。

音域が広がれば表現できる曲も広がります。

そして、19世紀末頃に現代の
鍵盤の数は88鍵になります。

標準的な88鍵のピアノの、いちばん低い音は
27.5Hzで、いちばん高い音は4186Hzです。

低い方はこれより低いと聞き取れないですし
高い方はこれより高いと耳障りな
不快な音になってしまいます。

pf

人間の耳は約20Hzから20000Hzまで
の範囲の音を聴き取ることができますが、
音程として聴き分けることができるのは
4000Hzぐらいまでのようです。

これ以上ピアノの鍵盤数を増やして音域を
拡大したとしても、人間の耳には低音は
唸りのように聞こえ、高音は音程感のない
ノイズとしか聞こえないようです。

つまり、

音楽的には意味をなさなくなってしまう
のでこの音域が設定されたのですね。

最新のコンサート情報をお届け

メールでコンサートや出演者の情報をいち早くご紹介します。ご登録された方には非公開のイベントなどもご案内しております。

また、コンサートのキャンセルが出て、お席が空いた際のご案内を優先的にさせていただきますのでこちらからご登録ください。

sma

音楽家たちの晩餐会は、あなたが心地よいと感じる音楽を見つけるためのお手伝いをします。