携帯電話に関するマナーは基本

fll

クラシックコンサートのみならず
演劇や映画等でもそうなのですが
音に関するマナーは基本中の基本です。

特に最近問題が多いのが携帯電話のマナー。

会場に入ったら必ず電源自体をOFFに
するようにしましょう。サイレントや
バイブ機能にしていても必ず電源OFFが
マナーです。

ホールによっては強制的に携帯電話が
圏外になるようにしている所もありますが
そうであっても電源自体をOFFするように
しましょう。

電源がOFFになっていても時間がくると
アラームが鳴る設定にしている人は
その設定自体も解除しましょう。

有名な演奏者や指揮者によっては
携帯電話の音に怒って
演奏を中止した事もあるくらいです。
それほど演奏者側は集中して最高の演奏を
披露しようとしてくれているのですから
聴く側もそれに応えたいですよね。

演奏中に通話しない事は分かりきってますが
もちろん写真撮影や録音なども
気をつけましょう。

最近の携帯は通話以外にも
写真やビデオ・録音機能も
かなりハイレベルですよね。

そういった意味もあり、携帯電話の電源は
OFFにすることが望ましいのです。

また、通話や録音をしないからといって
時間を確認するために演奏中に携帯を見たり
メールチェックもしないようにしましょう。

開演後は座席側は暗くなり
小さくても携帯電話の画面の明かりは
かなり目立つものになります。

せっかくのクラシックコンサートを
楽しんでいる他のお客様の迷惑ですね。

色々と紹介しましたが、コンサート前に
携帯電話の電源をOFFにしておけば
全く問題の無いことばかりです。

コンサートのほんの1、2時間。
思い切って携帯電話から少し離れて
日常の喧騒からも離れクラシックの世界と
雰囲気のみに全てをゆだねてみるのも
良いものですよ。

最新のコンサート情報をお届け

メールでコンサートや出演者の情報をいち早くご紹介します。ご登録された方には非公開のイベントなどもご案内しております。

また、コンサートのキャンセルが出て、お席が空いた際のご案内を優先的にさせていただきますのでこちらからご登録ください。

sma

音楽家たちの晩餐会は、あなたが心地よいと感じる音楽を見つけるためのお手伝いをします。