新春!音楽家たちの隠し芸コンサート

塚越裕子&数馬尚子&むーたん

中国の旧正月、
春節の1月28日(土)の夜に、
新年を祝う、
新春隠し芸コンサートを開催いたしました。

会場は、港区にある、
港プラチナム音楽ホール。
舞台上には、
幻のピアノと呼ばれるプレイエルピアノ。
そして、ピアノの向こう側には、
音楽家が力強く決意の言葉を書いた、
書き初めを掲げました。

青島ゆり子&加藤桜子

コンサートの前半は、
上質なクラシック音楽を楽しんでいただくプレミアムステージ。
ピアノの他にも、トランペット、サクソフォン、
チューバ、パーカッションなど様々な楽器による演奏をお送りし、
ソプラノ声楽家は圧巻の歌声でクラシックの名曲を歌い上げました。

コンサートの後半は、
今回の目玉企画、隠し芸ステージ!
音楽家がいつもと違う楽器やパート、ジャンルの演奏に挑戦し、
バラエティ豊かな演奏が繰り広げられました。

こちらは大正琴による演奏。
繊細ながらも新年らしい、
華やかな音色が響き渡りました。

大正琴

他にも普段は滅多に見れない、
音楽家それぞれの隠れた一面が顔を覗かせ、
会場も大いに盛り上がりました。

お客様からいただいた熱いお声がこちら。

オペラの歌声とは一味違った歌謡曲、見事な声の使い分け。桜子さん、さすがです!素晴らしいです!
リコーダーと口笛による素敵なハーモニー、とても良かったです。
杉本さん、昨日はピアノにトランペットとお疲れ様でした。
伴奏では普段経験しないような楽器とのアンサンブルも有り、曲数も半端無かったので、弾くだけでもかなりの体力が必要だと思います。
よく弾き切りましたね。
優しい歌声に癒され、元気をもらいました。ありがとうございました。
ジーンときました…。
心に響きましたよ
ゆめこさん作詞の歌詞にあった「自分を誉めて」…印象に残りました。ありがとう(^-^)

温かいファンの皆様に囲まれ、
今年最初のコンサートも好発進。
この調子で引き続き邁進して参りたいと思います。

前進あるのみ!

数馬さん書き初め

音楽家たちの晩餐会は、あなたが心地よいと感じる音楽を見つけるためのお手伝いをします。