演奏後の拍手のタイミングを間違うとマズイ?

oke

クラッシックコンサートのマナーの中で
あまり知られていない拍手のタイミングに
ついて解説したいと思います。

演奏が終わった後の拍手ですが
ちゃんとタイミングがあります。

クラッシックの曲はいくつかの章で
1曲に構成されています。

全ての楽章が終わってから拍手をするのがマナーになっています

オーケストラの場合で言うと曲が終わり、
指揮者が指揮棒を下ろしてからその後
一瞬の間があってから、指揮者が再び顔を
上げた時、初めて曲が終わります。

曲が終わった後の余韻を十分に楽しんでから
拍手をするのがマナーと言われています。

音の途切れた楽章の間を曲の終わりと
勘違いしてしまい、つい拍手をしてしまう
方がたまにいるのですが、曲の終わりに
拍手をするのが基本的なマナーです。

曲の終わりがわからないという方は
慣れるまでは拍手は周囲の様子を見てから
するのが安心です。

fl1
クラシックのコンサートには、クラシック
通の方々が大勢います。

拍手を確認してから拍手をはじめても
全然問題はありません!

心配する必要はありませんので、
もしマナーや敷居が高いと思って行くのを
ためらっているようでしたら、そんなこと
はありませんので一度行ってみられると
どんなところか分かるのでオススメです!

最新のコンサート情報をお届け

メールでコンサートや出演者の情報をいち早くご紹介します。ご登録された方には非公開のイベントなどもご案内しております。

また、コンサートのキャンセルが出て、お席が空いた際のご案内を優先的にさせていただきますのでこちらからご登録ください。

sma

音楽家たちの晩餐会は、あなたが心地よいと感じる音楽を見つけるためのお手伝いをします。